スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池上本門寺 お会式法要

寺友の三堀(みつぼり)です。
石黒上人、一休さんと一緒に「寺友ご一行様」は、10月12日~13日、
池上本門寺http://honmonji.jp/
お会式(おえしき)法要に出かけました。



寺友ご一行様


池上本門寺は、日蓮大聖人が1282年10月13日、61歳で入滅(臨終)された霊跡です。
日蓮大聖人の遺徳を偲ぶ「お会式法要」と荘厳な「万灯供養」が行われました。

全国から、30万人の信者が参詣されるとか、その盛大さと華やかさと荘厳さとに驚き
そして感銘しました。

http://honmonji.jp/05topic/05event/oeshiki/2008/oeshiki.html



万灯




万灯とは?
日蓮大聖人が亡くなられた時、庭先の桜(お会式桜)が時ならぬ華を咲かせたという
故事から、万灯は紙で作った造花で灯明輝く宝塔を飾っています。

その万灯を先導するのは、江戸の火消し衆が参拝する折りに始めた纏(まとい)。
纏が賑やかに舞い、団扇太鼓と鉦と笛の軽快な音色と共に万灯は進んでゆきます。


纏



池上本門寺では、例年、全国から集まった百数十基の万灯が、
深夜まで池上の地を練り歩き、報恩を捧げています。


2日目には

大坊 本行寺

本山谷中 瑞輪寺

浅草 浅草寺

にも参拝し、今回も楽しい有意義な団参となりました。

スポンサーサイト

COMMENTS

スゴイ!

想像以上の人垣で身動きできず、ビックリ!と感動♪
こんなに大勢の皆さまが、
日蓮大聖人を偲ばれている思いを
身近に体感できました。
石黒上人、一休さん、ありがとうございました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。